進学を視野に入れるなら

不登校でも進学を考えられるでしょうか

もし、自分自身や周囲の人が不登校になってしまった場合どうするでしょうか。不登校になる原因はいろいろあり、それはいじめであったり、家庭問題であったり、その人の心の問題であったりします。多くの場合は「いかにして克服して学校にいくか」を考えてしまいますが、それが正しいとは限りません。場合によっては学校に行くことをやめ、心の休養を優先することが必要な場合もあります。しかし、そうすると人によっては進学に対する不安がでてくるでしょう。大学受験をしたいと考えている場合、高校を卒業(或いはそれ相当の認定試験)している必要がありますが、そんな理想と現実の板挟みになってしまうケースです。そうしたときに、進学を前向きに考えるためにどうするか考えてみましょう。

進学するにはどうしたらよいのでしょうか

まず、進学を考えることと高校などに無理して復帰することを両立する必要はありません。大学へ進むための認定を取るには、様々な手段があります。例えば転校をして生活環境を変える、高校のカウンセリング室に通いながら様子を見るといった形でなんとか高校を卒業する方法が考えられます。しかしそれでも辛いと感じる場合は、高卒認定を取得できるフリースクールなどに通ってみるのもいいでしょう。似たような境遇の人がいる可能性も高く、もしかしたら居心地のいい場所になるかもしれません。そして何より、心のケアをすることが最優先です。無理をせず、その人自身のペースで前に進むことが大切です。高卒認定を取るのに何年かかってもいいというくらいの気長な気持ちでいたほうが、その後の長い人生の中ではプラスに働くこともあるかもしれません。なので、進学を考えることは決して不可能なことではなく、あらゆる可能性を考慮してみることが大切です。

フリースクールを大阪で探す際には、カリキュラム内容やサポート体制を重視することで、自分に合ったスクールが見つかります。

© Copyright Free Studying. All Rights Reserved.