子どもの居場所を考えよう

学校に行かなくても学べる場所がある

不登校……ご両親にとってはもちろん、不登校になってしまった本人はつらくて仕方がありません。
いったい何故、不登校になってしまったのでしょう。

原因は大きくふたつに分かれます。
1.発達障害
2.対人関係
これらふたつが主な要因です。

どちらも当てはまらない場合は精神科受診が優先されますが、上記ふたつには、子どもの居場所を作ってあげることが大切です。
家にいれば行きたくない学校から離れることができ、一見それで良いように見えますが、家にいるだけでは、まず子どもが内心焦っている場合が多いです。
社会性が学べず、こころの発達の遅れに繋がることも少なくありません。
あの学校には行かなくていい、でも学ぶことが出来る場所、それがフリースクールです。

フリースクールとは?

フリースクールでは、基本的に好きな時に好きな教科を好きなだけ勉強することができます。
また、わからないことかあれば、各教科のフリースクールの先生に質問することもできます。
卓球やパソコンなど、体を動かしたり、楽しめるものが置いてあるフリースクールもあります。

出席扱いにもなりますし、テストを受けることもできます。
ただし点数は見込み点です。

発達障害が原因の不登校であれば、発達系に詳しい教員、理解のある教員がいて、個人に適した指導をしてもらえばフリースクールに通えるようになります。
対人関係が原因であれば、学校から離れただけで通えるケースも少なくありません。

フリースクールに通うことで、生活にメリハリが付き、居場所があることで、子どもは安心して成長していけるのです。

© Copyright Free Studying. All Rights Reserved.