フリースクールの種類と特徴

フリースクールにはどんな種類があるの?

フリースクールによって方針はさまざまですが、大きく2つに分けられます。 こころの拠り所となるフリースクールは、勉強をしたり学校へ行くことではなく、子どもの生活面やこころを支えることを重点的に考えるタイプのフリースクールです。 学校復帰を目指すフリースクールは、在籍する学校へ戻る・通うことを目指す子どもに向けたタイプのフリースクールです。そのため、学習をメインとした時間を過ごします。 他にも、専門家や医療機関との連携体制にあるフリースクールも存在します。 フリースクールへ通うことが難しい子どもへの対応として、スタッフによる自宅訪問を行っているフリースクールや、寮や宿舎などで他の子どもたちとの共同生活を行うタイプのフリースクールもあります。

フリースクールの特徴って?

フリースクールは、NPO法人や個人運営などの民間の教育機関となっていて、フリースクールによっては学校の出席日数にそのまま反映されるところもあります。
方針はフリースクールによって異なりますが、基本的には学習面よりも「生活面やこころの支援」がメインです。

子ども一人一人を尊重されやすい環境になっています。
学校に行くことが難しい子どもにとっては家族以外と接して交流できる場であり、社会とのふれあいを感じられるのがフリースクールです。
フリースクールによっては、イベントなどの行事を通して勉強以外のこともたくさん学ぶことができます。

学習面においては、フリースクール全体で授業を行うなどのカリキュラムはありません。
個人の学習スピードを考慮し、学習意欲もしっかり見てくれます。

© Copyright Free Studying. All Rights Reserved.